【Webセミナー】改善技術今昔「これまでの現場改善と、これからの現場改善」

ものづくり.com

2021.1.19 13:00 2021.1.19 14:00

Googleカレンダーに登録

「Peatix」で掲載されています

19世紀のIEの始まりから最新のデジタルツイン、VR活用カイゼンまでSocity5.0時代の現場改善をお伝えします。
※動画視聴を伴うオンラインセミナーです。
※当セミナーは有料セミナーです。

※お申込みは外部サイト(ものづくり.com)からとなります。

—————————————
◆セミナー受講料
—————————————
1名様 8,250円(税込)

—————————————
◆セミナー趣旨
—————————————
複数の作業動作から最良の作業⽅法を導き出す⼿法(標準化)は、TPS(トヨタ生産方式)、LEANなどのカイゼン手法として、古くから製造業を中心に実施されています。このセミナーでは各種カイゼン手法の基盤となる技術「IE:インダストリアルエンジニアリング」の概要と、実践的な手法である現場観測、ムダ取りについて企業での取り組みも含めて紹介し、カイゼンの取り組みをこれから始める現場はどのようにすればよいか?についても検討します。
—————————————
◆受講対象・レベル
—————————————
【受講対象】
改善計画立案者
現場カイゼンリーダー
改善実施者
現場カイゼンを支援する担当者
IE管理者
IE担当者

—————————————
◆セミナープログラム
—————————————
1、概観
2、黎明期~
・IEの始まり
3、~現代
・産業界での普及
4、現代~
・インダストリー4.0、Socity5.0時代のカイゼン
・先進企業の取り組み紹介
—————————————
◆セミナー講師
—————————————

大岡 明 (おおおか あきら)
株式会社産業革新研究所 テクノロジスト
認定IEエンジニア:IEr(産業能率大学産業能率研究所)
日本経営工学会 会員 日本インダストリアルエンジニアリング協会 会員

略歴:
国内自動車関係企業向けソフトウェアのフィールドエンジニア、システムコンサルタントを経て、エバンジェリスト職としてソフトウェアによるIE(時間研究、動作分析)、技術・技能伝承の研究および改善指導に取り組んでいる。また、2007年より継続してESD/SDGsの普及に取り組んでおり、企業風土改革、働き方改革に関するコンサルテーションを行っている。

1998年自動車業界向けソフト開発会社(現ブロードリーフ)入社。フィールドエンジニア職として民間企業でのキャリアをスタート。その後中小工場を対象としたコンサルティング職を経て生産性改善ソフトウェアOTRS10の企画開発に従事。活動は企画にとどまらず、開発したソフトウェアの現場活用を重視しカイゼンの実践を行っている。大手自動車メーカーでの生産改善プロジェクト参画時は4億円/年のコスト削減を実現し評価されるなど、実効性のある実践指導、講演、トレーニングなどのカイゼンサポートを行っている。

※お申込みは外部サイト(ものづくり.com)からとなります。

2021.1.19 13:00 2021.1.19 14:00

Googleカレンダーに登録

「Peatix」で掲載されています

関連するウェビナー