NTT東日本からのOEM提供を活用して、ICTサブスクリプションビジネスに参入する方法

東日本電信電話

2021.01.14 16:00 2021.01.14 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

■本セミナーはWebセミナーです。
ツールはMicrosoft Teamsを使います。
URLは直前にメールにてご連絡いたします。

■なぜいま「サブスクリプション型ビジネス」が求められるのか
新型コロナウイルスの感染拡大によって、人々の行動様式は大きく変わり、その結果多くの企業が重大な経済的影響を受けました。その中には収益構造の見直しを求められる企業も少なくありません。

従来型のプロダクトの製造販売や、システム構築などのショットビジネスは現在も主流でありますが、今回のように一時的に経済が縮小する局面においては大きな売上減となってしまいます。

一方、サブスクリプションビジネスは「継続的なお客様との関係を構築し、安定的・継続的な売上が期待できる」ため、コロナ禍においても影響が少なかったと言われています。

■どうやって参入すればよいのか?~NTT東日本と協業するメリット~
サブスクリプションビジネスに参入するときに大きなハードルになるのが、お客様に提供する商品・サービスを新たに開発する必要がある、ということです。これは大きな投資になりますし、失敗するリスクも大きいです。

そこで今回は、NTT東日本が提供する、既に実績のある(売れている)商品・サービスについて、そのOEM提供を受けて、参加企業様のサービスとしてサブスクリプション提供して頂く方法について解説します。

また、一口にサブスクリプションモデルといっても、いろいろなカテゴリがあります。その中でもNTT東日本が属するICT業界の一番の強みは、「様々な業界に提供できる」ことです。参加企業様のビジネス領域に合った商品・サービスをご提供可能です。

■今回のセミナーでは
NTT東日本ではサブスクリプションで提供する商品・サービスに関する課題や新規参入するコストを最小限にするため、豊富なサービスラインナップと支援体制を整えています。

本セミナーでは、従前からサブスクモデルを推進しているNTT東日本のノウハウはもちろん、参加企業様のメリットが生まれる協業モデルを成功事例とともにお話します。

■プログラム
・15:45~16:00 受付
・16:00~17:00  NTT東日本からのOEM提供を活用して、ICTサブスクリプションビジネスに参入する方法

■主催
東日本電信電話

2021.01.14 16:00 2021.01.14 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー