【配信!Veeam情報局】vSphereバックアップ『最適解』まるわかり!

クライム

2021.01.14 14:00 2021.01.14 14:45

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

様々なVeeam運用に携わったクライムのノウハウを大放出!事前登録制のセミナーです!
セミナー詳細はこちら
https://www.climb.co.jp/soft/seminar/2021/0114/?seminarsite

セミナー事前申し込みはこちら
https://zoom.us/webinar/register/5116074799992/WN_XphisCRcR8KCzaM_Y_Yhfw

VMware vSphere環境のバックアップではvSphere APIでのデータ取得で複数の転送モードが使用でき、各社バックアップ製品ではこれを利用しています。
Veeam Backup & Replicationでもこれを利用しており、とりあえず、バックアップが取れれば良いのであれば、Veeamでは利用可能なモードが自動選択されますので、特につまずくことなくバックアップが可能です。
しかし、以下のようにバックアップを最適化させたいのであれば、どのモードを選択すべきなのかどのようにプロキシを構成すれば良いかなど悩みが多くなってきます。
・バックアップ速度を向上させたい
・ネットワーク負荷を削減したい
・バックアップ処理に冗長性を持たせたい
・VMwareスナップショットの保持時間を短くしたい

また、Veeamでは単純にvSphere APIを利用するだけでなく、独自の実装を加え、負荷削減や速度向上を実現するための仕組みを用意しています。
今回のセミナーでは、各転送モードやVeeam独自の実装のご紹介に加えて、そのようなお悩みを解決するプラクティスや構成方法をご紹介します。

このような形式でのVeeamの機能やプラクティスをご紹介するセミナーを【配信!Veeam情報局】シリーズとして、今後も実施していく予定ですので、気になる機能や設定等ある場合にはお申込み時にコメントもいただけると幸いです。

2021.01.14 14:00 2021.01.14 14:45

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー