企業にDX化が求められる理由 経理業務はアナログからデジタルの時代へ

ピクスタ/ラクス

2021.01.14 14:00 2021.01.14 16:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

【セミナー概要】
日程 :1月14日(木) 14:00~16:00
対象者  :経理、経営企画、管理、営業事務、情報システム部門の方
必要環境 :本セミナーは Zoomで配信します。

【プログラム】
・14:00~14:40・
なぜこれからの経理にDX化が必要?
~今取り組むべき精算業務のデジタル化~

〇講座の概要
DX化(デジタルトランスフォーメーション)の意味合いは単なる業務効率化ではなく「改革」です。
経理は企業の中でも、屋台骨のような役割を担っている部署。
すでに起こっている人口減による採用難、突然のリモートワーク要請などのリスクを考えると、 いまこそ経理にもDX化(変革)を起こすべきではないでしょうか。

“経費精算業務”は申請者・承認者・経理と関わる人が多く、効率化出来れば 会社全体の生産性を大きく向上させる効果もあります。

DX化の第一歩としてまずは“経費精算業務の効率化”を考えてみませんか?

本パートでは、「精算業務のデジタル化」をテーマとし、面倒な経費精算業務を 効率化する方法についてあらゆる角度から事例を交えてご紹介します。

〇講師
ラクス 執行役員
BOクラウド事業本部長 兼 楽楽精算事業統括部長
本松 慎一郎

・14:40~15:20・
請求書、”紙”で送っていませんか?
~帳票デジタル化で実現する経理の手間・コストの削減~

〇講座の概要
請求書や納品書、支払い明細といった帳票にまつわる業務においては、経理担当が印刷し、封筒に入れ、発送する・・
このような手作業が残り続けています。

本パートでは、帳票の電子発行システムを利用し、手作業を廃止したことで、経理の生産性を20倍以上に改善し、
月に100万円以上のコスト削減を実現した、業務改善事例をご紹介いたします。

〇講師
ラクス 楽楽明細事業部 パートナーセールス課 コンサルタント
藤久保 直樹

・15:20~16:00・
Bill Oneで変わる。新しい請求書業務のあり方

〇講座の概要
Bill Oneはあらゆる請求書をオンラインで受け取れるようにする、Sansanの新ソリューションです。
本セッションでは、経理業務の効率化の観点から、全社の業務効率を引き上げる方法についてお伝えします。

〇講師
Sansan 新規事業開発室 Bill One プロダクトマネジャー
柴野 亮 氏

2021.01.14 14:00 2021.01.14 16:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

主催者の他の開催予定のウェビナー

関連するウェビナー