モバイルビジネス2021

新社会システム総合研究所

2021.01.22 15:00 2021.01.22 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2~5日以降)

【講師】
企(くわだて) 代表取締役
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任准教授
クロサカ タツヤ(くろさか たつや) 氏

【重点講義内容】
「5G」の商用サービス開始から1年が過ぎ、普及に向けた各種整備が進み始めた一方、5Gの本番ともいえるスタンドアロンの普及開始が早ければ年末にも予定されている2021年は、5Gの真価がいよいよ問われる時期となる。しかしながら、電波の使い勝手の悪さやオリパラによる工事中断等を背景に基地局敷設はやや遅れており、また3GPPが本来目論んだセンサーネットワークの実現は、ビジネスモデルの観点から未だ発展途上にある。
一方、周波数帯の使い勝手の悪さや関連する電波の共用・転用は、消費者保護の観点での議論を起こしている。また他方では、菅首相が以前から問題提起していた通信料金値下げの進展や、ローカル5G振興の本格化など、通信政策の動向は従来以上に事業者のモメンタムや産業構造に影響を及ぼしている。加えて、コロナ禍によって生じたニューノーマルの台頭は、デジタル政策を一変させ、モバイル需要にも変化を生じさせている。
本講演では、「5Gでビジネスはどう変わるのか」の著者である講師が、海外動向とその影響分析も含め、2021年のモバイルビジネスについて展望する。また電気通信事業者以外の周辺産業やユーザ企業にとっての事業機会を予想し、今後の産業変革の見通しを明らかにする。

1.5G
2.ローカル5G
3.NTT再編
4.DX(デジタル・トランスフォーメーション)
5.デジタル政策
6.消費者行政
7.通信料金値下げの影響
8.6G
9.質疑応答/名刺交換

2021.01.22 15:00 2021.01.22 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー