【金融向け】なぜ「クラウドによるインターネット分離」が金融機関に選ばれるのか?

マクニカネットワークス

2021.10.6 10:05 2021.10.6 10:45

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

今や金融機関において、インターネット分離は当たり前となりました。インターネット分離におけるテクノロジーの歴史として、物理分離から始まり、VDIや仮想ブラウザなどの論理分離へ発展し、現在ではクラウドによるインターネット分離が主流となってきています。

従来の物理分離や論理分離手法では、インターネット分離を優先するため、ユーザにおける利便性が下がってしまったり、運用・保守における膨大なコストが発生してしまいます。そこで、セキュリティを高い状態で保ちながら、利便性を向上させ、従来の分離手法と比較して低コストで導入・利用できる、「クラウドによるインターネット分離」が選ばれています。

本セミナーでは、従来の分離手法と比較して、なぜクラウドによるインターネット分離が金融機関のお客様において選ばれるのかをご説明いたします。この機会にぜひご参加ください。

2021.10.6 10:05 2021.10.6 10:45

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー