脱炭素社会と対峙する自動車業界の展望

新社会システム総合研究所

2021.4.8 15:00 2021.4.8 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

【講師】
東海東京調査センター 企業調査部長 兼 シニアアナリスト
杉浦 誠司(すぎうら せいじ) 氏

【重点講義内容】
自動車産業がさらなる成長に向けて岐路に立たされている。新型コロナ禍への対応に取り組む中、各国政府が「グリーンリカバリー」と称した脱炭素社会への地球環境保全に産業構造の転換を促そうと政策の舵を大きく切ったからである。
今回の講演は、そうした事業環境下にて、証券アナリストとしての独自の調査活動や事業・財務分析などによる成果を、将来の市場予測および業界展望、勝ち残る企業経営の戦略などに関して紹介する。とりわけ、世間における「EVシフト」の合唱に直面して悩む、既存の市場参入企業に有意義な内容にしたい。

1.新型コロナ禍における自動車業界の現状をみる
2.グローバル新車市場を予測する
3.中長期の業界カレンダーから現在を考える
4.脱炭素社会に向けての企業経営の影響と戦略を検討する
5.質疑応答/名刺交換

2021.4.8 15:00 2021.4.8 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー