第2回 未来検定SDGs編

シンギュラリティ・ラボ

2021.2.1 9:00 2021.2.28 9:00

Googleカレンダーに登録

「TechPlay」で掲載されています

未来検定SDGs編とは?
未来技術推進検定(以下、未来検定)は、今後の未来を推進するための具体的な取り組みとして、テクノロジーの急激な進歩、複雑化する社会課題に対応するため、開始することといたしました。SDGsに代表されるような社会課題への基礎的な理解、進歩し続けるテクノロジーへの基礎知識、社会課題にアプローチするための具体的なスキームの理解が必須と考えています。
まずは残り10年となったSDGs編から開始し、今後、未来を支えるために必要なものに関する検定を進めていきます。
オンラインで受検する試験です。
期間中、なんどでも受検することができます。
試験時間は60分、問題数は46問です。
検定スケジュール
開始
終了
申込期間
1月4日(月)
2月12日(金)
受検期間
2月1日(月)9時?
3月1日(月)9時
監修
SHIPとは
Japan Innovation Network (JIN)と国連開発計画(UNDP)が共同運営する、SDGs の達成をイノベーションの機会として捉え、世界中の課題の解決を企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベーション・プラットフォームです。
参加対象
・高校生、大学生、社会人
世界各国の政府や各種団体が、SDGsの2030年の達成に向けて、様々な取り組みを行っています。SDGs教育は、学生のグローバル視点と問題解決思考を育み、世の中にフィットした価値を提供する力を身につけるものとして、企業も注目しています。貴学におけるSDGs教育の成果確認、指導ポイント強化に本検定を活用し、活躍人材の育成にお役立ていただけたらと思います。学年・クラス単位での受検も効果的にご利用下さい。
検定内容
未来技術推進検定SDGs編は、SDGs17の目標を背景とともに理解し、自分とのつながりの理解度を確認する試験になっています。

[試験時間:60分、問題数:46問]
問題1(20問穴埋め記述・選択式:制限時間15分)
SDGsに関する基礎知識を答える問題です。
問題2(10問選択式:制限時間10分)
SDGsの背景となっている「事実と数字」に関する知識を答える問題です。
問題3(10問選択式:制限時間25分)
世界の課題と解決策に関する文章を読んで、SDGsのどの目標に関わる取り組みかを答える問題です。

問題4(5問穴埋め記述式:制限時間10分)
SDGsの背景や世界の課題に関する文章を穴埋めして完成させる問題です。

問題5(1問記述式:時間制限なし)
自分の身近な課題と、その解決案を考えて答える問題です。
おためしで検定問題にチャレンジ!
検定費
3300円(税込)
注意事項
*受検者は受検期間、いつでも本検定を受検することが可能です。
*前項によって受検者はご都合の良いときに受検可能であるため、本検定の未受検・キャンセルの場合に検定料は返金いたしません。
*協会の責に帰すべき事由又は自然災害等の不可抗力によって、本検定の受検可能日が14日以下となった場合のみ、受検料の返金手続を行います。返金手続については、【下記問い合わせ先】にご連絡ください。なお、振込手数料は受検者の負担とします。
お問い合わせ
主催: 一般社団法人 未来技術推進協会事務局
E-mail: info@future-tech-association.org
電話: 090-4486-4854(受付時間  9:00 ~ 12:00 、 13:00 ~ 18:00)

2021.2.1 9:00 2021.2.28 9:00

Googleカレンダーに登録

「TechPlay」で掲載されています

関連するウェビナー