経営戦略として取り組む「攻めのBCP」 ステークホルダーとエンゲージメント強化にBCPが大切な時代

シンギュラリティ・ラボ

2021.7.13 13:30 2021.7.13 15:30

Googleカレンダーに登録

「TechPlay」で掲載されています

経営戦略として取り組む「攻めのBCP」
ステークホルダーとエンゲージメント強化にBCPが大切な時代
概要
「コロナ禍の長期化」や「東日本大震災10周年」という今、改めて私たちは持続可能な社会の実現に向けてどんな行動をするのかという課題を考える時期を迎えています。
「SDGs行動の10年の開始」 や「ESG投資の台頭」など、世界的に見てもこれまでの延長線上には、思い描く未来は訪れないという認識は広がっています。ESGやSDGsの重要性が増している昨今、企業は経営戦略として具体的な戦略や行動が求められています。
BCPという観点でも、従業員や地域とのエンゲージメントを高めるための取り組みとして単なる防災活動やCSR活動という枠組みを超え、企業を守るための経営戦略として必要性が増してきました。
本イベントではBCPを取り巻く構造変化やSDGsやESGを取り巻く金融資本市場の状況も交えて、経営戦略として取り組む意義や重要性、社会的なインパクト、企業における取り組み事例を紹介し、今後の取り組み方を考えるきっかけを作ります。
本イベントはこんな方にオススメ
経営者、企業や地方自治体のIR、経営戦略、ESG/SDGs担当部署など担当者
BCPやSDGsに対して具体的な行動を求められている人/行動したい人
SDGsやESGを取り巻く金融市場に興味がある人
タイムスケジュール
時間
内容
13:15~
接続開始
13:30~
オープニング・主催者紹介
13:40~
講演① 経営戦略としてのBCP ~SDGs・ESG的アプローチ~(仮)【一般社団法人レジリエンス協会 沖山様】
14:05~
講演② SDGsやESGを取り巻く金融資本市場(仮)【UBS証券 稲様】
14:30~
各社の取り組み事例紹介(株式会社Laspy、株式会社明電舎)
15:00~
パネルディスカッション
15:25~
クロージング
※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。
定員
・100名
参加費
・無料
日時・会場
・令和3年(2021年)7月13日(火) 13:30~15:30(受付13:15~)
・オンライン開催
※テレビ会議ツールZoomを利用します。下記ページよりZoomのインストール(無料)を事前にお済ませください。また、イベント開催前にzoomアカウント情報を連絡させて頂きます。
Zoom: https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
お申し込み
・本サイトよりお申し込みください。
お問い合わせ
一般社団法人未来技術推進協会 SDGsコンサルエッグ
Mail: sdgs_consulting@future-tech-association.org
注意事項
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
主催団体
・一般社団法人 未来技術推進協会
テクノロジーで社会課題を解決するために活動している未来技術推進協会では、SDGsコンサルエッグというチームでSDGsのイベント企画運営、組織全体のSDGs社内推進やSDGs実装・ブランディングのサポート活動を行っています。本イベントはその一環です。詳しい説明は下記を参照ください。
https://future-tech-association.org/sdgs-consulting/

2021.7.13 13:30 2021.7.13 15:30

Googleカレンダーに登録

「TechPlay」で掲載されています

関連するウェビナー