withコロナ時代のイベント中止、延期と法的対応2021

新社会システム総合研究所

2021.3.17 10:00 2021.3.17 12:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【講師】
早稲田大学スポーツ科学学術院准教授
Field-R法律事務所 弁護士
松本 泰介(まつもと たいすけ) 氏

【重点講義内容】
2020年は、新型コロナウィルスの問題により、東京オリンピックパラリンピックのように、リアルイベントのほとんどが延期、中止を余儀なくされました。一方で、スポーツビジネス、音楽ビジネス、広告ビジネスの現場においては、徐々にイベントは開催傾向にあるものの、新型コロナウィルスの問題の先行きも不透明で、今後開催される予定のイベントにも大きな影響を及ぼしています。
講演者は、新型コロナウィルスに限らず、SARS、鳥インフルエンザ、MERSなどの感染症拡大や、震災、豪雨などの自然災害に伴った、イベントの延期、中止において、様々な法的問題にも対応してきています。
本講座では、イベント中止に関する法的対応、ベストプラクティスを、【緊急対応編】と【トラブル予防編】に分けて広く整理して解説します。

1.災害、感染症対応何が難しい?
不可抗力条項は意味がある?改正民法はどう影響?

2.【緊急対応編】
急遽クラスターが発生!出演者がコロナに感染!イベント中止に伴いどう対応?
イベント参加者に参加料を返還しなくていい?
スポンサー料は返還しなければならない?
出演者に賠償請求はできる?

3.【トラブル予防編】
イベント主催に関係する契約はどう規定してリスクヘッジする?
参加契約、スポンサー契約、出演契約ごとのリスクヘッジ解説

4.その他

5.質疑応答/名刺交換

2021.3.17 10:00 2021.3.17 12:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー