急拡大するFCV・水素エネルギー市場の最新動向

新社会システム総合研究所

2021.02.15 13:30 2021.02.15 16:30

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の3日以降)
【2050年カーボンニュートラル達成に向けて】

【講師】
武蔵野大学 客員教授/環境エコノミスト
西脇 文男(にしわき ふみお) 氏

【重点講義内容】
2050年カーボンニュートラル達成には水素エネルギーの利活用が不可欠との認識が世界で共有され、本格的な社会実装に向けて世界は大きく動き出しました。
水素は、EVでは力不足な大型重量車両や船舶、航空機等に、また火力発電や鉄鋼、化学工業の脱炭素化に、化石資源に代る原・燃料として利用できます。更に、水素には化石燃料の代替という以外に「エネルギーキャリア」という、将来のエネルギー社会の中核となる機能も期待されています。
本講演では、世界のFCV開発の最新事情、水素の新たな用途の研究開発、水素関連企業の動向等について、わかりやすく解説します。

1.温暖化対策の切り札「水素エネルギー」
-水素エネルギー関連ビジネスは巨大市場に成長する
2.モビリティー水素燃料
-世界でFCV開発競争が始まった
-FCV以外にも広がる水素燃料
3.燃料電池と水素発電
4.水素を原料とする製鉄、化学品製造の技術開発動向
5.水素の製造・輸送・貯蔵
6.エネルギーキャリアとして期待される役割と広がる可能性
7.水素を核とする未来のエネルギー社会
8.質疑応答/名刺交換

2021.02.15 13:30 2021.02.15 16:30

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー