BCG Digital Venturesジャパンヘッドが答える-大企業の新規事業を徹底解剖-

ストックマーク株式会社

2020.12.16 17:00 2020.12.16 19:00

Googleカレンダーに登録

「Peatix」で掲載されています

前回700名を超えるお申し込みをいただき大好評だった『BCG Digital Venturesから学ぶ-大企業を変革する新規事業の作り方-』の第二弾を開催いたします。新型コロナウイルスの影響の中、新たな価値創出が求められる一方で、新規投資の減退・予算の削減などの厳しい状況もあり、大企業の新規事業は新たな局面を迎えている。

本セミナーではBCG Digital Venturesマネージング・ディレクター&パートナー、ジャパンヘッドの平井氏をお招きし、前回のセミナーでは回答できなかった視聴者の皆様からのご質問にお答えしつつ、以下テーマに沿ってリアルタイムでQ&Aを実施し、新規事業担当者のためのユーザー参加型セミナーとして開催いたします。

<対談テーマ>
・新規事業担当者が掴むべき業界構造の変化とは?
・新規事業創出のための組織の作り方とは?
・新規事業立案のお悩みをフェーズ別に徹底解剖

これまで三菱商事、ウォルト・ディズニー・ジャパン、オリコン、ザッパラスなどで一貫して新規事業、事業開発/プロデュースを手掛け、現在はBCG Digital Venturesのマネージング・ディレクター&パートナー、ジャパンヘッドとして新規事業アイデアの創出、新規事業の出資を含めた立上げなどを指揮している平井氏の知見から、皆様のお悩みを解決するために明日から使えるヒントをお届けいたします。是非、ご参加くださいませ。

<このような方におすすめ>
・大企業で新規事業の創出をご担当されている方
・コア事業と同程度の規模の新規事業を創出するための組織作りにご興味の方
・アイディア創出からKPI設計といった事業創出の一連のノウハウを知りたい方
・明日から使える新規事業の創出のためのヒントが欲しい方

【登壇者】

平井 陽一朗 氏
BCG Digital Ventures
Managing Director & Partner, Japan Head

東京大学経済学部卒業。三菱商事株式会社を経てBCGに入社。その後、ウォルト・ディズニー・ジャパン、オリコンCOO(最高執行責任者)、ザッパラス社長兼CEO(最高経営責任者)を経て、BCGに再入社。BCG Digital Ventures東京センターの創設をリードし、同センターのジャパンヘッドとして、新規事業アイデアの創出、新規事業の出資を含めた立上げ等を指揮している。現在、同社の出資するデジタル系合弁会社数社の役員を兼務。

林 達
ストックマーク株式会社
代表取締役CEO

東京大学文学部宗教学科卒業。伊藤忠商事にて投資戦略策定及び事業投資、事業会社管理業務に従事。学生時代には、東京大学・北京大学・ソウル大学の学生交流ネットワークにて、300名規模のフォーラムを主催。その後、東アジアの富裕層向けインバウンドサービスを提供するスタートアップを設立、大手旅行代理店との提携、行政との共同事業を成功させる。2016年、ストックマークをスタートさせ、AI✕テキストマイニングを強みとするSaaSであるAnews、Astrategy、Asalesを開発・運営中。AIによって日本企業のビジネス・プロセスを再定義し、グローバルでの競争力を高めるべく奔走中。

【開催概要】
日   時:2020年12月16日(水) 17:30-19:00
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:ストックマーク株式会社

※競合企業様などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。

2020.12.16 17:00 2020.12.16 19:00

Googleカレンダーに登録

「Peatix」で掲載されています

関連するウェビナー