【事業承継を徹底解説!】売り手が知っておくべき「顧問税理士以外のセカンドオピニオン」と「M&A活用手法」とは

ウェビナリスト編集部

2021.06.23 14:00 2021.06.23 15:00

Googleカレンダーに登録

定員

2 / 30

「ウェビナリスト」で掲載されています

開催概要

  • 開催日:2021年6月23日(水)
  • 開催時間:14:00~15:00(60min)
  • 主催:有限会社エキストラ
  • 協催:税理士法人りんく/株式会社レコフ
  • 参加費:無料
  • 視聴方法:Zoomでのオンライン配信

※参加URLにつきましては、前日及び当日にメールにてお送りいたします

─────────────────────────────────

近年、M&Aや事業買収の成約数は上昇しております。
後継者不足や、新型コロナウイルス感染症の影響も追い風となり、事業承継に本腰を入れて考えられる方が増加しております。

今回、1部では事業承継の際に発生する問題の解決策の1つである「顧問税理士以外の税理士へ相談するセカンドオピニオン」(税理士法人りんく ソリューション事業部 久我 哲平氏)について、
2部では、事業承継の手段の1つである「M&Aの活用」(株式会社レコフ 企画管理部 課長 板垣 利治氏)について、2部構成で開催させていただきます。

現状の顧問税理士の方に事業承継に対して満足のいく対応を得られていない方や、
M&Aの検討を視野に入れているが、検討基準や交渉前にどのようなことを準備したら良いかお悩みの経営層の方におすすめのウェビナーとなっております。

セッション内容

第一部 : 【事業承継対策】顧問税理士だけでの判断は危険!セカンドオピニオンを活用した解決策3選

(税理士法人りんく 久我 哲平 氏)

中小企業の後継者不足問題が社会問題化している今、事業承継に頭を悩まされている経営者が増加しております。 長年の付き合いである顧問税理士に相談したい。 しかし、すべての顧問税理士が事業承継に精通しているわけではありません。

専門性の高い事業承継は不得意としている顧問税理士も多く、『顧問税理士の先生が親身に相談に乗ってくれない!』といった声もしばしばお伺いします。 このような場合、セカンドオピニオンとして顧問税理士ではない税理士へ相談することは問題ありません。

今回のセミナーでは、事業継承問題を解決する3つの方法や、顧問税理士以外の専門家に相談する「セカンドオピニオン」の活用方法をご紹介いたします。

第二部 : 事業承継M&A活用のポイント

(株式会社レコフ 板垣 利治 氏)

事業承継の手段として脚光を浴びているM&Aですが、M&Aの成功には事前準備が重要です。本セミナーでは、M&Aの”検討のタイミング、相手先、経済条件”などの検討の際のポイントや交渉前に準備しておくべきことなど、皆様のお役に立つ内容をご紹介します。

このような方におすすめ

  • 事業承継について知りたい方
  • 事業承継をご検討の方
  • 経営層の方
  • 顧問税理士の事業承継に対する知識に対して不安を抱えている方
  • M&Aの活用にご興味のある方

スピーカー

久我 哲平 氏
税理士法人りんく
ソリューション事業部

青山学院大学を卒業後、不動産会社に入社。少子高齢化により日本の中小企業は後継者が不足しており、優良企業にもかかわらず廃業している企業数が増加しているという深刻な問題があることを知り、事業承継・M&Aに力を入れている税理士法人りんくへ就職する。現在は税理士法人ならではの中立な立場で最適な対応を心がけている。

板垣 利治 氏
株式会社レコフ
企画管理部 課長

京都大学卒業後、大手新聞社に入社し文化・スポーツ事業の企画、運営、広報業務に従事。2018年に(株)レコフに入社。企画管理部にて中小企業からのM&Aに関する相談や、M&A専門業者との提携窓口も務め、M&A業界の動向に知見を有する。

モデレーター

藤田 夏希 氏
有限会社エキストラ
セールス&マーケティング事業部

2021.06.23 14:00 2021.06.23 15:00

Googleカレンダーに登録

定員

2 / 30

「ウェビナリスト」で掲載されています

主催者の他の開催予定のウェビナー

関連するウェビナー