洋上風力発電の技術開発・事業動向と日本の採るべき方向性

新社会システム総合研究所

2021.6.30 14:00 2021.6.30 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

【講師】
東京大学名誉教授
京都大学大学院 経済学研究科
再生可能エネルギー経済学講座 特任教授
世界風力エネルギー学会 副会長
荒川 忠一(あらかわ ちゅういち) 氏

【重点講義内容】
風力発電の概要のあと、洋上風力発電の技術開発の国内外の最新情報を解説するとともに、カーボンニュートラル実現に向けて日本の風力発電が果たすべき方向性を示唆する。
洋上風力発電は支持構造物により着床式と浮体式に分かれるが、それぞれの特長を解説するとともに、主要素である風車の発展について論じる。さらに、欧州ではEUや各国の政策のもと、風力発電が発展した歴史がある中、日本の2050年に向けた政府のエネルギー政策、ロードマップへの期待を述べる。

1.風力発電のはじめに
2.洋上風力発電の現状
3.洋上風力発電のプロジェクト
4.洋上風力の支持構造と風車
5.ブルーオーシャンとしての日本の洋上風力発電の将来
6.質疑応答/名刺交換

2021.6.30 14:00 2021.6.30 17:00

Googleカレンダーに登録

「Business+IT」で掲載されています

関連するウェビナー