チャプター記事を開く

ビジネス

BTFコンサルティングのランチョンセミナーの概要説明動画

BTFコンサルティング

概要記事を開く

書き起こし記事を開く

00:00 おはようございます。こんにちは、そしてこんばんは。私は、BTFコンサルティングの代表をしています、小川と申します。この動画は、私が基本、毎週水曜日のランチタイムに開催しています、ランチョンセミナーのご案内を差し上げる動画となっております。
00:24 こちらは、毎週水曜日ランチタイムに開催しています無料のランチョンセミナーになります。テーマとしては、「ファシリテーターになろう」というもの。ファシリテーションあるいは、ファシリテーターに興味をお持ちの方、ファシリテ―ションはどういうものなのかなとか、ファシリテーションをある程度ご存知の方で、ファシリテーターをやってみたいなと思っておられるような方々に対して、時間をいただいてご説明をするものです。
01:03 それからもう一つ。育成しようというものは、自分たちの組織、あるいはチームの中にファシリテーションを取り入れたい、あるいはファシリテーターを育成したいと思っておられるリーダーの方ですね。課長さんや部長さんといったリーダーの方々に、育成しようということで、伝えたいメッセージがこのセミナーに含まれています。
01:28 私の屋号は「BTFコンサルティング」といいます。BTFの最初の2つ「BT」は、ビジネストランスフォーメーションの略です。ビジネス変革ですね。それから3つ目の「F」はファシリテーションです。「ビジネストランスフォーメーションウィズファシリテーション」。ファシリテーションを中核に置きながら、ビジネス変革を成し遂げていただきたい。そのために私は貢献したいと思いまして「BTFコンサルティング」という屋号にしました。
02:11 それでは次に移ります。こちらのスライドは、メディアに私が登場しているものを示しています。左側は紙物、右側はオンライン、ネット上の物です。「OMNi-MANAGEMENT(オムニマネジメント)」という雑誌がございます。
02:34 こちらは、日本経営協会様が発行している月刊誌でして、そちらの2020年9月号に、私が書きました「テレワーク時代のソフトスキル活用法」というものが載りました。金子先生や柳沢さんと同じ雑誌に載るというのは、私にとっては非常に光栄なことです。
03:07 それで、私はずっと実務をやってきたものなので、実際の私が体験してきたこと。オンラインの時代において、ソフトスキルというものをどうやって活用していったらいいんだろうということを、私の実体験を元に書いた企業論文のような物です。A4、6枚書かせていただいております。
03:34 ネットワーク時代に求められるソフトスキルというテーマの中で書かせていただきました。右側の右上なんですけれども、「マイベストプロ」というのがあります。こちらは、新聞社やテレビ局が運営しているものでして、ある一定の基準があるそうで、その審査に合格した人、通った人がここにおすすめする専門家ということで載っています。
04:07 私は、ファシリテーションにより会議の変革からビジネス変革までを支援するということで載っています。右下、「The VISION(ザ ビジョン)」というのはインタビューメディアです。
04:23 こちらの方には、私がインタビューを受けまして、その記事が載っています。私が今の仕事に就くまでの経緯ですとか、私の仕事へのこだわりや、若者へのメッセージといったものが掲載されております。
04:40 さて、こちらのスライドで説明させていただきたいことは、参加していただいた方にお持ち帰りいただきたいこと。有り体に言ってしまえば、おみやげはなんなのかということを書いたスライドになります。まず最初、1点目。会議で自由闊達な議論をするために必要なこと。今の時代ですからオンライン会議を当然含みます。
05:10 この会議なんですけれども、単純な情報伝達の場ではありません。このランチョンセミナーで言う所の会議とは、参加者全員でということですね。誰か中の何人かが議論して決めるのではなく、参加者全員で課題について議論をする、そして打ち手を合意形成する。
05:40 打ち手。つまり「to/do」ですよね。「to/do」を決める。「to/do」を合意形成する。その「to/do」は何かっていうと、誰が、何を、いつまでに、それから何の役割を持って実施するのかっていうことを合意形成する。この「to/do」の合意形成ですけども、合意形成されたことが、どのように実施状況を追跡するのかということをここまで合意形成すること。これが会議です。
06:14 会議を自由闊達な議論をするために必要なこと。それからDXですね。昨今、毎日の様にDX耳にしたり目にしたりしておりますが、デジタル技術を活用したビジネス変革という風に私は言っています。
06:37 デジタル変革ではなく、ビジネス変革ありき。まずビジネス変革がありきです。まずビジネスそのものを変革する。これがDXの本質であるという風に思っておりまして、そこでツールとしてデジタル技術を使う。必要なら、おそらく今の時代なので必ず必要になるのだと思いますが、必要ならデジタル技術をツールとして使う。そのために必要なことは何なのかということをお話させていただきます。
07:08 最後3つ目なんですけれども、何か新しいものを持ち帰って頂きたい。有体に言ってしまうと、例えば、今離れて共同している、コラボレーションしているということをされている方も多いと思うんですね。ある方はオフィスにいて、ある方は自宅にいて、ある方はワーケーションかもしれないですし、そういう環境の中で、バーチャルにみんなでコラボしていく時に、それはどういうツールを使えばいいのか、どういう風に考えればいいのかというようなこともお話をさせていただいております。
07:53 このスライドなんですが、メニューって書いてますけれど、これはランチタイムなのでメニューとしました。1~8まで8品用意しています。上から行きますね。1番目、「ファシリテーションとは」ファシリテーションとはどういういうものなのか、ということを1番最初にお話させていただいております。
08:21 2番目、今、ファシリテーションっていうのは、どんな感じなのか、世の中でどんな風にみられているのかっていうことを2つ目で話をさせていただきます。
08:33 3番目はですね、私のビジネスを説明、お話させていただいているものになります。この中で、ソフトスキルとフレームワーク、もちろんファシリテーションについてもお話をさせていただくのですが、ソフトスキルとフレームワークというものが、非常にキーワードになってきているので、その点を4つ目で説明しています。
09:05 5番目はですね、ファシリテーションというものが、私のビジネス、つまりファシリテーションを核としてお客様にビジネス変革を出来るようになっていただきたい。そのために私は貢献させていただきたいと思っているわけなんですけれども。その私のビジネスの支援の中核にあるところのファシリテーションっていうのはどういうものかを具体的にお話させていただいております。
09:34 6番目、議論の見える化。特に今、このオンラインが増えてきている中において、議論を見える化するというのは非常に大切なことになってきておりますので、その辺のところを科学的見地をふまえながら、お話させていただいています。
09:55 7番目、会議室で、対面で人を集め集まり、対面でやっていた会議、やっている会議ですね。少なくとも2019年まではほとんどの会議がリアルな会議だったと思うのですが、それが今、オンライン会議がかなり出てきていると。というときにツールの観点でリアルな会議とオンライン会議はどう違うのだろうと比較したものが7番目。
10:30 8番目は、DXですね。先ほどの私の言葉で申し上げますと、デジタル技術を活用したビジネス変革ということになるんですけれども、それとファシリテーションはどういう関係にあるのか、ファシリテーションは何ができるのかというような話を最後8番目でやらせていただいています。
10:54 これ、メニューっていう風に書かせていただいたもう一つの心はですね、メニューって言うと食べ物。旬な食材を使ってお料理を作ったり、シェフの方が作ったりしますよね。この今お見せしている1~8番目までのところは今の旬の要素。ファシリテーションっていう観点からここに挙げているつもりでございます。
11:24 なので旬なものがもし変わればですね、当面はこれで行こうと思っているのですが、旬な食材が変われば、旬なテーマが変わればこのアジェンダ、メニューは変わる可能性がございます。
11:39 こういったことでやっています。ちなみに12時から13時までがランチタイムですけれども、12時5分~12時55分までの50分間で開催しています。ですので、12時まで会議だとか、13時から会議が入っているという方にもご参加しやすい時間帯に設定させていただいております。
12:07 さて、このスライドはですね、今までに参加された方々からいただいているお声を一部抜粋しているものです。「分かりやすいです」というご意見ですとか「初めの一歩が分かりやすく聞けました」ですとか「これからの重要性が理解できました」とかですね、ソフトスキルに関することもありますね。
12:43 「ファシリテーションの認識が変わりました」って仰ってくださる方もいらっしゃいます。ビジネス変革についてっていうコメントもございますね。「より深く学びたい」とか「もっと勉強しなくちゃいけない」とか「もっと詳細を知りたい」とかこの私のランチョンセミナーにご参加頂いて、インスパイアされた方々もいらっしゃるようですね。
13:19 無料だということもあるかもしれませんが、おおむね、今のところ好意的なポジティブなお声をいただいております。こちらのスライド、最後になりますが、お申込み方法です。
13:35 「Peatix」からお願いしたいと思います。Peatixの検索窓に、「BTFコンサルティング」という風に入れていただきましたら私のセミナーを検索していただくことが可能となっております。
13:58 以上、ご説明させていただきましたけれども、こういった無料のランチタイムでの、ランチョンセミナーというもの、ファシリテーターになろう、ファシリテーターを育成しよう、というセミナーを開催しております。この動画をご覧になられた方で、ファシリテーションってどういったものなんだろう、とかファシリテーション聞いたことあるけどどんなものだろう、ファシリテーションやってるんだけど今一つ上手くいかないな、など色々お持ちだと思うんですね。
14:37 なので、ぜひファシリテーターになってみたいな、あるいはファシリテーションっていうものをご自分の組織の中、チームの中に取り入れてみたいということをお考えの方がおられましたら、ぜひご参加いただければと思います。お申込み、Peatixお待ちしております。それでは、これで今回の、私のセミナーのご紹介の動画は終わらせていただきます。

ジャンル

関連する動画

HOMEへ戻る

ウェビナーで、
あなたのビジネスに
もっとワクワクを。

"これから"のウェビナー情報が全てここに。

"これまで"のウェビナー動画が無料で見放題。

SNSアカウントでかんたん登録

無料で登録

ウェビナー探し、大変じゃないですか?

開催情報を集約し、
検索がカンタンに

イベント告知媒体や企業メディアで紹介されているビジネスウェビナー開催情報を、一手に収集して掲載。参加申し込みもできます。

ウェビナーを見逃したことはありませんか?

アーカイブ動画でいつでも視聴できます

過去に開催したウェビナー動画をアーカイブに残しています。気になる箇所へスキップ・巻き戻しできるので、あなたのペースに合わせたウェビナー体験ができます。

動画全部を見る時間がない!

ウェビナー動画の内容をわかりやすく要約

ウェビナー動画を視聴する前に内容が理解できるよう、章立てと要約で視聴体験が向上。気になる箇所から再生もできます。

最新情報をもれなく知りたい

編集部のおすすめ情報を毎日配信

編集部から最新のウェビナー情報や、おすすめのウェビナー情報を毎日お届け。これで大事なウェビナーも見逃しません。

オリジナル記事・動画も用意

ウェビナリスト限定ウェビナーや動画が見れる

編集部が企画した限定ウェビナーに参加できます。加えて、独占インタビューやトレンド情報など、ビジネスやウェビナーに役立つコンテンツも楽しめます。

会員サービス一覧

開催情報

  • 開催情報を毎日更新
  • 他媒体、企業のウェビナーを集約
  • Webina-List限定ウェビナーへの参加

ウェビナー動画

  • 過去開催のウェビナー動画の視聴
  • チャプター・ジャンプ機能
  • ウェビナーの要約閲覧

Webina-Listオリジナル企画

  • 限定ウェビナーへの参加
  • ウェビナー主催企業、ビジネスのキーパーソンへのインタビュー動画
  • 独占取材によるビジネス記事の発信

最新情報のお知らせ

  • メールマガジンで編集部おすすめの最新ウェビナー情報をお届け